雨漏り修理・屋根修理に強い高浜市のマルワ瓦工業です。
今回はみよし市のカバー工法での屋根リフォーム工事の事例紹介です。

カラーベストの経年劣化

今回も最近多い仕事内容の一つである金属屋根材でのカバー工法。
新築時に屋根材をカラーベストで載せて経年劣化による色落ちからの再塗装。
っで、再塗装ではなく金属屋根材でのカバー工法を選択。

色落ちもしてきているけども、カラーベスト基材の割れも何か所か確認できました。
落ちてくる前に手を加えてあげれて良かったですね。

金属屋根材でのカバー工法

屋根材を全て剥がして、他の屋根材を再施工する方法もありますが、今回は上から他の屋根材を設置するカバー工法。
まずは、既存の棟部などに設置された板金を外してから防水のルーフィング施工。

その後は金属屋根材(セネター)を施工していきます。
屋根形状も良かったので、作業は一気に完了!

茶入りの色合いもマッチしてイイ感じになりましたね。

上空からBefore・After

それではドローンを使ったBefore・Afterの写真をご覧くださいませ。
まずはBeforeから。

カラーベストから金属屋根材(セネター)にしたことで屋根にも凹凸の表情が出てイイ感じになりましたね。
石付き板金は再塗装不要と謳われているので、これで長く住み続けられますね。

屋根で気になる箇所を見つけた場合は、建築時の住宅会社さん・屋根工事店にご相談ください。
高浜市近郊の方はマルワ瓦工業にお問合せいただけたらと思います。
お問合せはこちらから→お問合せフォーム